青柳ひづるワークショップ・クラス情報

さとのおと

「星のたね」の第2回目の発表会が無事終了しました。
なんだか本当にすべてが、場として、とてもとても素敵な場となって、
・・・なんと言葉にしてよいのか・・・いったいあれはなんだったのだろう・・・
というような感じです。

場として、かかわった人、そこにいた人、みんなが「なんかよかったね~」
というような空気感に包まれて、そういうのは個人的な良し悪しとか、
個人的な力、とかを超えていて、
子どもたちの力、親御さんの力、音楽の力、衣装の力、場の力、・・・いろいろな力が
相まって、うわっとそういう場が立ち上がってしまった、という感じで、
私もなんだかよくわからないのです。。。。。。
ただ、それはやっぱり、そういう様々な力の集まりのおかげなので、
もう、ただただ感謝です。


「さとのおと」と題した今回の発表会では、
私たちが普段活動している「里」からうまれるものをつくり、踊りたい、と
思いました。子どもたちはその里山の中で、暮らし、遊びまわり、
その身体に「里」がもうたくさん内包されている。
その子どもたちからふとした時に出てくるもの、動き、踊りを切り取って、
作品が出来上がっていった、ようなものです。
私はなにかしたわけではなくて、
あ、これいいな~、あれいいな~、
あ、なんかちょっと顔出してるそれ、素敵!
みたいなものを見つけて集めて、それらが生きる「おきどころ」を見つけていたら、
作品ができていました。

8F62665C-68F4-41B7-AF6C-FD10FE98246B_convert_20170419000529.jpg
精霊の踊り。(リハーサル)
IMG_2067_convert_20170419003119.jpg
手作りのお面をつけて。
このシーンも偶然うまれたようなものです。
お稽古中に自分の服をかぶって踊りだした子がいて、
私も「おいおい・・・なにをやりだした・・・」と思いましたが(笑)、
ふと、いや、実はこれおもしろいんじゃないか?と。
その場にいた他の子たちにも服をかぶって踊ってもらってみたら、
本当にみんないつもと違う不思議な踊りが次々出てきました。
私自身も顔を隠すというか、消すというか、
・・・そういうことの学びはすでにあり、
でも子どもの作品でやろうとは思っていなかったのですが、
その子がやろうよ、って伝えてくれたのかな。

o0960054013916759357_convert_20170419003458.jpg
小道具もこんな感じ。
里をみんなで散歩して、散歩した先の神社や広場や道すがら、みんなで踊ったり、
小枝や葉っぱを拾ってきて。舞台空間を作りました。
ちなみにこういう散歩や素材集めも、
音楽のお二人(お囃子の高橋香衣さん、尺八・篠笛の渡辺淳さん)は
ともにしてくれて、その感じを味わいながら、
今回の作品をともに作り上げてくださいました。
里に来ること、子どもたちと会うこと、を心から楽しんでくださって、
子どもたちと一緒になってくださって、
だからこそあの音空間が生まれた、と思います。感謝!

P1030227_convert_20170419000821.jpg
これは実は開演前です。もうすでにはじまっている・・・(笑)。
さらにこの後、この子たちはロビーまで出て行って、
自然発生の即興で音楽会、演舞会が行われました。
(何度も言いますが、開演前です。そして私が指示したわけではありません。)
子どもたち、すでにはじまってるわ・・・と思っていたら・・・鼓の音?・・・・・
高橋香衣ちゃんもいつの間にか子どもたちと一緒にやっているし(笑)、
・・・と思っていたら、いそいそと笛をもって・・・渡辺淳さんも(笑)。
そんな演奏隊、素敵すぎます!!!

そして、作品がはじまると今度は作品の世界にふっと入って。
飛び回り、踊りまわる子どもたちは本当に里山の、森の、妖精のようでした。
image1_convert_20170420235630.jpg


そして、今回のこの衣装もまたすごくよくて。
衣装もはじめはただ普通につくるか、調達するか、と思っていたのですが、
衣装の田村香織さんに相談したら、
子どもたちとの〈衣装のワークショップ〉を提案してくださって。
それがもう、「星のたね」にはぴったりで。
実際にやってみたら、私も知らなかった、
子どもたちそれぞれの新たな魅力やセンスが光って。
それぞれにぴったりの妖精衣装が出来上がりました。
その提案がなかったら、そんなことまるで考えついていなかったので、
本当にありがたかったです。
自分たちで見つけ出したデザインが素敵な衣装になったら、嬉しいよねえ。

A63786FB-FFB0-4DC5-8571-34C5EC4C39AA_convert_20170419000649.jpg
最後はお客様も一緒に踊りました!
1964E9CA-3637-4023-B9D0-E9DD239A9DF1_convert_20170419000620.jpg
あたたかい空気に包まれたのは、
本当に見にきてくださった方のおかげでもあります。
ありがとうございました。


そして、保護者の皆様。
「星のたね」の子どもたちみんなのことを見守ってくださるあたたかい眼差しに
本当にどれほど助けられているか。
いつもありがとうございます。
こんな・・・ダンス教室としてはちょっと変わった教室だと思いますが、
それを理解し、楽しんでくださって、子どもたちを預けてくださって、・・・
場所としてもけして便利な場所ではなくて、親御さんの送り迎えなしでは
来られないようなところですが、それでも成り立っている、というのは
奇跡だな、と思います。


みなさま、本当にありがとうございました。
こんな豊かな感性の子どもたちと踊りを育めるのは幸せなことです。
これからも、自然にいきいきしてしまうような場になるように、
舞踊や音楽、そんな芸能の根源とつながっているように、
私もまだまだたくさん学んでいきたいと思います。

*******************************************

ダンスクラス「星のたね」の詳細は→こちら。

スポンサーサイト

ダンスクラス「星のたね」今後の予定

P1030204_convert_20170407211156.jpg

ダンスクラス「星のたね」第2回発表会、無事終了いたしました。
詳細はまたあらためてゆっくりレポートしたいと思いますが、
まずは関わってくださったすべての方、場、もの、すべてに、
そして見に来てくださった方々に、頑張ったこどもたちに、
本当に本当に感謝です。ありがとうございました。


さて、少しお問い合わせを頂いているので、
ダンスクラス「星のたね」のこれからの予定について・・・

これまでは人数も少なく、
子どもたちもほぼ同時スタート、
星のたねの基盤を一緒に作ってきたところがあったので、
クラス分けはしていなかったのですが、継続している子どもたちは
今回の発表会までの積み重ね、様々な経験で、
だいぶ底力がついてきたし、
踊りもずいぶんと踊れるようになってきたので、
ここらでそろそろクラス分けをして、
その成長に見合ったクラスも必要かな、と思っています。


毎週金曜日の
16:00~16:40 でプレクラスとして、未就学の子どもたちのクラスを新設します。
16:40~17:40 は小学生クラスとします。

ただ、基本はこのクラスで行いますが、
色々な年齢幅の子どもたちとの時間、場も、本当に豊かなものを育む、と
つくづく実感しているので、合同クラスの時間や、
ご家族や兄弟も一緒になにかできる機会、等も
織り交ぜてやっていきたいと思います。

それぞれに合ったクラスも、いっしょくたの場も
どちらもあった方がいいな、と。


5月は新しく入る子どもたちのお試し期間として、
様子を見ながら合同クラスを中心に、
6月より年齢別クラスを中心にしてお稽古をしていきます。

お試し期間の新規入会、体験もぜひ~。
一緒に踊りましょう~☆



詳細はこちら↓
*******************************************************************

☆こどもダンスクラス「星のたね」☆

踊ることの楽しさ、踊るための大切なこと、踊るための身体、を伝えつつ、
それぞれの創造性も大切に育めるような場を「共に創る」クラスです。

入会随時。体験・見学もお気軽にお問い合わせください。


 ・レギュラークラス(基礎クラス)  担当:青柳ひづる
  基本毎週金曜日  〈プレクラス〉  16:00~16:40
               〈小学生クラス〉 16:40~17:40

  
 会場   しのばらの里 

 会費   入会金 1000円
 参加費  
  〈未就学児〉
   月4回→4000円  月3回→3000円  月2回→2000円  月1回→1000円
  〈小学生〉
   月4回→5000円  月3回→4000円  月2回→3000円  月1回→1500円
          
  
   ※詳細は下記までお問い合わせください。
    tobuturu☆hotmail.co.jp 
    (全角を半角に、☆を@にかえてください。)


~4月5月クラススケジュール~
  ・4/21(金)と5/5(金・祝)はお休みです。そのほかの金曜日はクラスあります。

  ・4/28(金)は16:40~17:40で合同クラスになります。 
  ・5/12(金)19(金)は合同クラスの予定です。








もうすぐ発表会!

しのばらにも春がきました。
P1030208_convert_20170419000732.jpg


先日の稽古日には仕上がってきた衣装に色付け作業をしました!
インフルエンザなどでお休みも多かったのですが、元気なメンバーと、
音楽隊で来てくれていた高橋さんと渡辺さんも借り出され・・・
(いつも散歩だの、作業だのにまで借り出してすみません・・・)
がんばりました!!!

まずは近所をお散歩。
みんなで葉っぱやら枝やらを拾ってきました。

衣装の田村さんからのアドバイスで、
筆などでべたっと「塗る」のではなくて、
葉っぱやら枝やら・・・を筆代わりに色付けしてみたらいいのでは?!
とのことで、やってみました!

P1030182_convert_20170407211120.jpg

葉っぱは落ち葉よりはやわらかい葉っぱの方が
葉っぱの葉脈などがきれいにうつりました。

たくさんの布に描いていく作業は楽しかったけど、
なかなか労働で、最後の方には
「疲れた~」とか「もうやめていい~?」いう言葉がちらほら漏れつつも、
ひづる先生の必死感が伝わったのか(笑)、
みんな脱落せずに最後まで力を尽くしてくれました。

みんなの労働力でなんとか、無事衣装完成!!!

でも、これだけでは終われない・・・
踊りのお稽古もしないとね。

衣装作りでちょっと力使い果たしたかな?どうかな?と思っていましたが、
踊りの方もとても集中してお稽古でき、驚きました。
ずいぶん、体力も集中力もついてきたなあ。


P1030204_convert_20170407211156.jpg

さあ、発表会まであとわずか。

たくさんの方々の協力、応援を受けて、
子どもたちの踊りもキラキラと輝くことでしょう。
子どもたちの素直な踊り、ぜひ見にいらしてください。

私たちもあとひと踏ん張りがんばります!!!


4月16日(日)16:00開演(15:30開場)
相模湖交流センター・ギャラリー

出演、振り付け:ダンスクラス「星のたね」
ゲスト:高橋香衣(お囃子)・渡辺淳(尺八・篠笛)
衣装:田村香織



***********************************************************
☆こどもダンスクラス「星のたね」☆

踊ることの楽しさ、踊るための大切なこと、踊るための身体、を伝えつつ、
それぞれの創造性も大切に育めるような場を「共に創る」クラスです。

入会随時。体験・見学もお気軽にお問い合わせください。


 ・レギュラークラス  担当:青柳ひづる
  基本毎週金曜日  16:30~17:30
           (他、不定期クラス等あり。)

  
 会場   しのばらの里 

 会費   入会金 1000円
 参加費  月4回→5000円  月3回→4000円  月2回→3000円  月1回→1500円
          
  
  
   ※詳細は下記までお問い合わせください。
    tobuturu☆hotmail.co.jp 
    (全角を半角に、☆を@にかえてください。)

3月4月は発表会の練習のため、クラスが不定期になります。
詳しくはお問い合わせください。

※他、特別クラスや時間変更等ありますので、詳しくはお問い合わせください。



発表会後、新規クラスを開講予定です!

~発表会後のクラス分け(予定)~
16:00~16:40  プレクラス(未就学児) 1回1000円
16:40~17:40  小学生クラス  会費は現在通り。




衣装が仕上がってきました!

先日のワークショップでみんなで原型を作った衣装が
仕上がってきました!!!
一つ一つ丁寧に仕上げ、一つ一つ丁寧に梱包され送られてきた衣装。
きっと子どもたちのこと、一人一人思いながら作ってくださったのだろうな、
というのが伝わってきてました。

次のお稽古日にはみんなでこれに色付けをしていきます。
香織さんからのアドバイスもあり、
色付け作業もこの場所ならでは、星のたねらしいやりかたでやっていきます。
今から私もわくわく!!!


この衣装作りワークショップをファシリテートし、衣装を仕上げてくださった
田村香織さんの衣装展が4/3~9北池袋で開催されます!
会期中、さまざまな方のパフォーマンスもあり、
私も4/4(火)の18:00~踊らせていただきます。

詳細・ご予約などは→こちら

香織さんの製作の衣装も多数展示されますので、
ぜひ足をお運び頂けたらと思います。


*********************************************************

そして、「星のたね」の発表会は
4月16日(日)16:00開演(15:30開場)
会場:相模湖交流センター・アートギャラリー

です。こちらにも是非足をお運び頂けたら嬉しいです☆



衣装作り!!!

「星のたね」に衣装の田村香織さんが来てくださいました!

衣装を作ってぽんっと渡してもいいのだけれど、
今回はそうではなく、衣装ができていく、その過程も味わう、
ということも子どもたちに経験してもらいたいな、と思いました。


子どもたちも、香織さんも、(今日はお母さん方も!)
お互いになじんでもらうためにまずは一緒に身体ほぐし。

CFD3C6E2-8874-4365-BF4C-31175556B664_convert_20170313093614.jpg
今日は布を扱う、ということで、
布(手ぬぐい)も取り入れて身体ほぐししてみました。

ほぐれたところで、発表会で踊る作品の一部を香織さんに見せ、
いよいよ衣装ワークショップです!

香織さんが今まで作った衣装の写真をスライドで見ながら、
お話を聞きました。
みんな真剣な表情でスライドを見ていて、
おお、こんな一面もあるのだな~と私も再発見。

017_convert_20170313092547.jpg
なが~いロール布をみんなで裁断しました。
思ったより力が必要で共同作業。

020_convert_20170313092636.jpg
でも、何度かやっているうちにコツをつかんでいました。

022_convert_20170313092719.jpg
「自分の布」を受け取った子どもたち。
嬉しそうだったな~。
布の感触を味わったり、くるまってみたり、走ったり、回ったり。
どんどん自由に動き出す。

119E2660-9F6B-4F6A-A38B-445C5CDE4905_convert_20170313092948.jpg
布と仲良くなったところでいよいよ形作りです。

服ってどうなっているんだろう?
どうやったら身に着けることができるのだろう?
手でおさえなくても大丈夫にするには?
踊れるようにするには?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

香織さんの様々な問いかけに
みんなであれこれ考えながら発見していきました。

いざ、自分の布に穴をあけたり、纏い方を見出す時になると
布を前に慎重になったり、勢いよく大胆にあちこち穴をあけてみたり、
どうしたらいいのか途方にくれたり、
思い切って穴をあけてみたものの、思っていたのと違って固まったり、
黙々と自分であれこれ試したり、お互いに見合ってアドバイスしあったり、
みんな色々。

行き詰ったら、香織さんにも相談。
もっとどういう風にしたいのか、とか
こういう踊りがあるから、それがいきるようにしたい、とか
を自分で香織さんに伝えてみる。
それに真剣に一緒に考えてくれる香織さん。

穴をあけたものの、思ったようにいかなくて
失敗した・・・・・と途方にくれていたものが、
がらっと発想を変えて着てみたら、
「失敗した、もとに戻せない・・・」と思っていた穴がいきてきたり。

香織さんはそういう子どもたちのそれぞれ・・・
慎重になったり、勢いよくやったり、黙々とやったり、
・・・・・それを「どれもいい」といってくれて、すべてを認めてくれて、
その言葉は私にとっても有難かったです。

また、子どもたちそれぞれの新たな一面、知らなかった一面、も
見ることができて、私もうれしかったです。


そうやって、自分たちで見出した衣装を身に着けた子どもたちの
充実したいい顔。
それを身に着けて踊ってみたら、踊りまで変わってくる。

この衣装たちはもう一歩工夫をして、発表会で着て踊ります。
楽しみです!!!


子どもたちにとっても、私にとっても、本当に貴重な経験になりました。
香織さん、ありがとうございました!!!


プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ