FC2ブログ

青柳ひづるワークショップ・クラス情報

発表会について

そういえばまだ発表会の詳細を載せていなかった・・・!!!


☆星のたね 第4回発表会~さとのおと~☆
  6月30日(日) 16:00開演(15:30開場)
  相模湖交流センター・アートギャラリー
  入場無料


上演時間は約1時間弱くらいです。
ご来場、お待ちしております!

***********************************************************

今年は、未就学クラスの子どもたちが増えました!
クラスの根本は変わりませんが、
メンバーが変わると雰囲気とか、踊りへのアプローチの仕方、
どう稽古していくか、等もずいぶん変わりました。
それだけでなく、こどもたちって本当に日々、年々、変化があり、
ずっと続けてくれている子どもたちも変わっていくので・・・
子どもたちと一緒に毎回毎回試行錯誤しながら、
すすんでいます。

でも、今まで以上に子どもたちと共に踊りの場を創っているな~と
感じます!
それはわたしにとってはとてもとても嬉しいことです。


子どものダンスの発表会というと、独立したダンスナンバーを
それぞれが順々に踊っていくという形が多いかと思いますが、
星のたねの発表会作品は、ストーリーがあるわけでなありませんが、
全体でなんとなく一つ、という作品を創って踊っています。
基本的には私たちが普段活動している「里」を全体テーマに、
踊り自体はパートパートで分かれているけれど、繋がっている。
間のシーンがあったり、クラス関係なく交じり合って踊るところも多いです。

子どものクラスでこのやり方をするのは、ちょっと大変なところもあります。
練習スケジュールをあれこれ考えて考えて組んでも、
それでもどうしても待ち時間が出てしまうし、
お休みとかもどうしてもあるので、
それが組み合わせ的になかなか噛み合わないと
なかなかその部分を揃って練習できなかったり、とか・・
子どもたちの場合はどうしても一つやるにしても
ある程度の時間も必要だったりするので、
そういう部分でなかなか考えた通りにはすすめないこともあります。

クラスやメンバーごとに踊りを創って、
それを順番に並べて、それぞれが踊る方が
練習はやりやすいのだろうな・・・とは思う。

・・・・・ということはわかっているのですが、
星のたねの子どもたちを目の前にすると、
どうもそのやり方がしっくりこないのですよね・・・
そういうふうに生きてないよな・・・というか。

なんかもっと、交じり合ったり、交じり合わなかったり、
散らばったり、集ったり、結んだり、ほどけたり、
突き当ったり、通り過ぎたり、ごちゃごちゃっとしてみたり・・・・・・・・
なにか、なにかあるのですよね
この子たちのありかた、みたいなものが。


こういうやり方が正しいとか間違っている、とかじゃなくて、
「星のたね」の子どもたちの場合はこういう方が
子どもたちも作品も生きてくるな~という感じがするのです。
だからどうしてもこういう創り方になってしまいます。

私も、星のたねの子どもたちとはそうやって
踊りを創っていった方が、楽しいのですよね、結局。


・・・・・・と、いうわけで、そのつなぎ部分などで
まだやりきれていないところもちょこちょことありますが、
あと1か月!
みんなで楽しみながらがんばりたいと思います。

スポンサーサイト

5月!4周年!5年目突入!

5月になりました。
星のたねも丸4年経ちました。
まだたった4年ではありますが、
でもそれでもその4年の中で様々なことがあり、
特にこの1年は星のたねに関わる子どもたち、
子どもたちの周囲のこと、・・・今まで以上に様々な動きがあり、
どうにかできることもあれば、どうにもできないこともあって、
どうこうすることでもなかったり、どうこうしないといけないことだったり、
ああ、これが続けるということなのか・・・と改めて感じることが
とてもとても多かったです。


でも、それでも、こうして続けていくことが出来ていて、
来月には4回目の発表会を迎えることが出来ます。
星のたねメンバー、とご家族の方はもちろん、
支えてくださっているすべてに本当に感謝しています。
そして、このクラスを4年前に引き継がせてくださった、
いとう由香さんにも改めて感謝。
繋ぎ、紡いでいけることって、本当にいいな。


私が尊敬していた師の一人は、
踊り続けてください、ではなく、
踊り繋いでください、
とよく仰っていました。
私にとって、大切な言葉の一つ。
引き継ぐ、ということだけでなく、
過去から未来へ、ということだけでなく、
もっともっと様々な形で、
もっともっと想像もできないくらい多様な形で、
踊りは「繋いでゆくもの」と私は思っています。


さて、そんなこんなといろいろありますが、
6月末の発表会に向けて、「星のたね」一同がんばっています!


先日のお稽古では久々にみんなで近くの神社まで行ってきました!
みんなでご挨拶してから、お稽古させて頂きました。
外の空気とか、土とか木とか空とか、なんらかの存在とか、
なにをどこまで感じていたかはわかりませんが、
動きは確かにどんどん変わっていっていて、
ただただそこで懸命に踊っている子どもたちの姿がとても美しかったです。
終わりのご挨拶も忘れずに

終わっていつもの活動場所に帰るとお迎えのお母さま方が。
「今日は外で踊ってきました~!遅くなってすみません。」というと
「うわあ、いいですね~」と。

ただそれだけの会話なのですが、
そんな風に受けとめてくださることって実はすごく貴重で有難いこと。

そう受け入れられないことも、今まで他の場所では多々ありましたから。。。
でも、だからこそ、その貴重さや有難さがわかるから、
その経験もあってよかった、と今は思います。


発表会まであと約1か月半。
お稽古内容もだいぶ濃くなってきました。
発表会に向けたお稽古日記もまた載せていきたいと思います!


クラスの詳細は→こちら。

衣装作り2日目!~②色付け~

色付けは基本自由!
みんな思い思いに自分の衣装に色付けしていきます。

P1040457_convert_20190406210407.jpg
拾ってきた葉っぱや花、石・・・・・等々を使ってスタンプのようにしてもよし、
筆で描いてもよし、・・・・・手形も!

おもいのままに
P1040456_convert_20190406205320.jpg
好きなように
P1040466_convert_20190406205420.jpg

やっているうちに、自然とそれぞれが工夫をするようになっていき、
「独自のやりかた」をどんどん見出していっていました。
P1040453_convert_20190406210215.jpg
みんなそれぞれ、それでよいのです。
P1040450_convert_20190406210039.jpg

中にはこんなに緻密なものも・・・
P1040451_convert_20190406210121.jpg

小学生クラスのこどもたちも、プレクラスの子どもたちも
ものすごい集中力で取り組んでいて、
いつものお稽古時間よりだいぶ長い時間でしたが、
「たのしかった~」と
まだまだ、もっともっとやりたかったくらいの様子でした。


自分たちで形を考えて、自分たちの身体をつかって作って、
自分たちで材料を見つけて、自分たちで色をつくって、
自分たちで色をつけた、自分の衣装です!
この衣装を自分で纏って踊ります!楽しみです!


そして、たもさん
毎年毎年、星のたねらしい衣装作りワークショップをしてくださって
本当にありがとうございます!!!
こどもたちにしっかりと寄り添いつつ、子どもたちの内側からのものを大切に、
こどもたちに任せるところはしっかり任せて、見守りながら、
ちゃんと衣装になるようにもっていってくれます。

今年もまた、たもさんと一緒に衣装作りが出来たこと、
本当に嬉しく思います。
ありがとうございました!


さあ、踊りもがんばりますよ~!!!


衣装作り2日目!~①色探し、色作り~

衣装作り、第二弾をおこないました!
たもさんも「ずっとやりたかった!」と言っていた里山お散歩からスタート!
P1040398_convert_20190406204114.jpg

でも、ただのお散歩ではありません。
里の色探し、そして、色付けに使えそうなもの探し!でもあります。
P1040400_convert_20190406204557.jpg

畑には・・・
P1040427_convert_20190406204817.jpg
つくしとネギが寄り集まって生えていました。「つくしネギ!」

こんなところが普段の遊び場
こどもたちは、ひょいひょいひょい~♪っと川を渡っていきます。
P1040412_convert_20190406204701.jpg
「本当にいいよね~・・・」とたもさんと私。

収穫物!
P1040434_convert_20190406205133.jpg

そして、見つけた色をみんなで作ってみました!
P1040438_convert_20190406204955.jpg
里の色、いろいろです。
みんな、こだわってこだわってつくっていました。


そしていよいよ、色付けです!
~つづく・・・


今年も衣装作りワークショップ!!

星のたねは今年も6月に発表会をおこなうことになりました!
詳細は改めて載せたいと思いますが、
先日、春休みクラスを利用して、衣装作りワークショップ第一弾を行いました。

星のたねでは、衣装をただ渡す、のではなく、
子どもたちと一緒に考える、つくる、ということをやっています。

私が踊るときの衣装もよく作って頂いている、
衣装家の田村香織さん(以下、たもさん)が
ここ数年毎年、星のたねの衣装作りも手伝ってくださっています。
その時その時のクラスのこと、子どもたちのこと、作品のこと、
たくさんたくさん話しながら、今年はどんな風にしようか、と考えます。


今年は小学生クラスの子どもたちからの希望もあり、
一昨年の衣装作りでもやった、「一枚の布から衣装をつくる」というやり方に
前回やったことを踏まえたうえで、再チャレンジしました。


まず、自分の身長の長さの自分の布を切るところから!
自分の布を受け取るとみんな嬉々として布を使って、
踊ったり、走ったり、くるまったり、・・・・・・
実はこの時間も大事にしていて、まずは自分の布と仲良くなること!

それから、どうしたらその一枚の布を「着る」、
さらに「着て踊る」ことができるか、を一緒に考えます。

たもさんは、一方的に衣装の作り方を「教える」のではなく、
様々なことを「投げかけて」いきます。
子どもたちに一つ一つ問いかけて、子どもたちの話を一つ一つ聴いて、
それがどうやったら実現できるのか、子どもたち一緒に
一つ一つやっていきます。

正直、時間はかかるやり方です。
でも、こうやって一つのものができていく過程をきちんと通ること。
そして、自分の考えたことが「衣装」という一つの形になること。
そのために自分で考えて、自分で話して、ちゃんと聴いてもらって、
自分でできることと、できないことを受けとめながら、
できないことは人の助けもちゃんと受けて・・・
思った通りになることを楽しんで
思った通りにならないことも楽しんで・・・

そんなことを一つ一つ体験していきたいのです。

たもさんはいつもそんな風に衣装作りワークショップをやってくださるので、
本当に有難いし、本当に信頼してお任せしています。


こうやって衣装作りも3年目になると小学生クラスの子どもたちは、
取り組み方も以前とずいぶん変わってきました。
わかってきたからこそ、慎重になってきた部分、
わかってきたからこそ、思い切りよくなってきた部分、
などなど色々あります。

そしてなにより、プレクラスの衣装作りのアシスタントとして大活躍!
たもさんも小学生クラスの子たちのアシストがなかったら、
こんなにスムーズにできなかった!って言ってましたよ~!!!

おかげで今回参加した子たちの衣装の形作りは無事終了!
最後は形の出来た衣装を着て、踊ってみました!
そうすると、踊りまで変わるんだよな~。


次回は仕上げ作業で色付けや飾りつけなどをおこないます!
一つ一つ楽しんでやりたいと思います!



作業部屋から見える桜が満開!テンション上がる!
P1040216_convert_20190401132715.jpg

生地の特徴を触って感じる。
P1040262_convert_20190401132918.jpg

プレクラスのほとんどの子は初めての衣装作り。
小学生クラスメンバーがしっかり伝え、たくさん手伝ってくれました。
P1040343_convert_20190401133138.jpg

P1040359_convert_20190401133224.jpg


プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる

ダンサー・舞踊家・振付家

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。


2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりワークショップ「ひとつぶの種」始動。子どもや親子のための創作ダンスワークショップを主催する。

2013年秋より知的障がいのある子どもたちの放課後デイにてダンスプログラムを担当。

2015年5月より藤野にて子どもダンスクラス「星のたね」を開始。

2018年春よりダウン症の子どもたちのダンスクラスを担当。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ