青柳ひづるワークショップ・クラス情報

ささやかなできごと

何回目のワークショップの時だったかな。

いつものように外に出て
踊ったり風を感じたり景色を眺めたり遊んだりしていました。

そのうち一人の子が

「これ、な~に?」

そこにはちいさな祠がありました。

「ここは畑だから畑を守ってくれている神様だね。
土地を守ってくれたり、豊穣を祈ったりするんだと思うよ。
畑には畑の、海には海の、山には山の、神様をお祀りしている
祠があるよ。」

と、私。

するとその子は

「神様なんだ。ねえ、ここに神様がいるよ。」

とみんなに呼び掛けたかと思うと
みんなで手を合わせ始めました。

私が言ったわけではなく、自然に。


その姿がとっても愛おしくて、そして美しくて。

今思い出してもきゅっとする瞬間でした。


踊りの時間ではなかったかもしれないけど、
このワークショップの時間に
そんな瞬間に出会えて
私はとっても嬉しかった。

そして、今すぐ、ではないかもしれないけれど
こんな時間もきっと踊りを育む、
と、私は思っている。

スポンサーサイト

ワークショップ第五日目!最終日!

全5回のワークショップが無事に終わりました。


怪我も風邪もなく・・・・・というわけにはいきませんでしたが、
でも最後の発表会まで9人の子どもたちがやり通してくれました。


全5回、毎回2時間という限られた時間の中で
子どもたちはいっぱい笑ったり戸惑ったり考えたり発見したり・・・・・・
大変だったと思いますが、それでもトライし続けてくれました。

本当にありがとう。

私にとっても
色々なことを気付かせてもらったり、パワーをもらったり、
一緒に笑ったり、踊ったり、遊んだり、発見したり、悩んだり、
とてもとても大切な時間になりました。


でも正直、発表までもっていくには
全5回というのは本当に厳しいスケジュールでした。
なんとかパーツが出揃って、流れが出来たのは当日。

やっとみんなの中にある何かが外に出始めてきたところでした。
これからもっと熟成したり、もっと味わったり・・・・・・
ここから始まりそうな予感・・・・・・

それに一人一人ともっともっと話したり
一人一人の中からもっともっと発見したり
したかったな。。。。。。


でも、今回は今回のよさがある。
生まれ初めにしかないその時の煌めき。
それと共にいることが出来た幸せな時間でした。



関わってくださったすべてに
本当にありがとうございました。

今回のワークショップは講師としては私一人でしたが、
でもけして一人では出来ないことでした。
本当にたくさんのこと、人、モノ・・・・・・
が助けてくれました。


そうやって私は踊ったり、踊りに関わることをさせて頂いているのだな、と
改めて実感します。


この1ヶ月間、本当に楽しかった。
また絶対にやりたいです。
やります!!!


子どもだけでなく
予想外でしたが大人の方からの反応もあって
例えば地域の大人と子どもで一緒にダンスを創って踊るような
そんなのも出来たらいのかな、とも思います。


子どもだけでやるからこそ育めることもいろいろあるし、
いろいろな人や世代の方々でやるからこそ
育めることもきっとあるのだろうな。


あぁ、やっぱりいつかはそうやって
いろいろなものが自然に育まれていくような
そんなことがいろいろ、いつでも出来るような
オープンスペースを
気持ちがいい場所に持てたらいいなぁ~・・・

春舞 ―後半―

後半の7つの踊りは室内で。

ピアノ生演奏つきです!

(発表会、音はつけたいけど
CDかけて音に合わせて、とか全然ピンとこないなぁ・・・・・
というわけで、即興演奏の出来る友人にお願いしてみたところ、
喜んで引き受けてくれました。ありがとう!!!
そのほかの細々したことを手伝ってくれたり
私の手が回らない部分での子どもたちとのやり取りもしてくれたりと
色々な面で本当に助かりました。)


③私の名前
ワークショップの一番初めに自己紹介の意味もあって
それぞれの好きな食べ物からそれぞれのサインをつくりました。
そのサインを使って動きを創っていきました。

④出逢い
私のワークショップではいわゆる基礎トレーニングやストレッチみたいな
ことは全くやらなかったのですが、
いろいろなものと身体で出会っていくための準備のようなものとして
自分の身体の部分部分を意識していくことをしていました。
本当は準備運動のようなつもりでやっていたものなので、
発表会でやるつもりはなかったのですが、この単純なものが
案外と発展したりして面白く、
みんなも楽しんでやってくれていたので発表会にも取り入れることにしました。

⑤春の目覚め
3人の踊り。テーマから役割、動き、流れまで全部3人で決めてもらいました。
初めは3人の意見がなかなかまとまらなくて弱音を吐いたこともあったね。
もうこの場面やらなくていいって諦めかけたこともあったね。
でも、最後の日には3人で一所懸命話し合って自主練していたの、
ちゃんと知ってるよ。
それぞれのやりたいことから生まれたこの3人だからこそ生まれたダンス。
春になっていく歓びにあふれたダンスになったね。

⑥春ふんわり
2人の踊り。これもテーマからタイトル、動きや流れまでを2人に任せました。
いつも仲よしで踊るように遊んでいる2人。
その2人の様子がそのまま出ている、
そして見ている方も踊りだしたくなるようなダンスになったね。
いつも2人で楽しそうに練習していたのが印象的でした。
踊るって、楽しいね。

⑦芽吹き
4人の踊り。1回お休みのあった4人だったのでテーマややることは私の方で考え、
4人には動きを創ってもらいました。
色々な動きをやってもらった中で<芽>の動きがなかなかよかったので
<芽>をテーマに動いてもらうことにしました。
初めはなかなか出てこなかった動きも
最後にはそれぞれの芽ぶきを感じることが出来ました。
そしてこの場面は次の場面への移行としても
なくてはならない大事な場面にもなりました。

⑧春風
和紙を使った踊り。和紙を持って外に出て、風と共に踊ったり遊んだりして
動きを研究しました。部屋の中でもその風を感じられるように。
そうやって自分の風の踊りをやってもらうのと同時に
舞台上の人数を指定し、自由なタイミングで出たり入ったり、
自分と周りを同時に感じないといけない難しい課題だったと思いますが、
みんな本当に頑張ってくれました。
使った和紙の色付けもみんなと私でやりました。
(その色付けした和紙を美術としても生かし、窓際につるしました。
それもとっても綺麗だったのですが、バタバタしすぎて写真撮るの忘れた・・・)

⑨花舞
みんなで色付けした紙を切り、花びらもつくりました。
その花びらをみんなで一斉に蒔いてから、
あとは完全フリーダンス。
・・・・・・でもこの時私は春風のシーンでみんなが使った和紙を
窓辺に吊るす作業を必死にやっていたので
みんなのフリーダンスが全く見れていません・・・・・・
でも見てくださった方からは
とってもかわいかった!!!という声を頂きました。


春舞 ―前半―

035_convert_20130323222140.jpg


当日はとにかく時間がなくて
休憩時間にプログラムを走り書き・・・・・・
なので、恥ずかしいのですが・・・・・・

でも、気付けばこんなにダンスが生まれてくれたのだなぁ。


前半の2つのダンスは外で踊りました。

①春のかけら
ワークショップでは毎回外に出ました。
ちょうど冬から春に移り変わっていく季節の中で、
みんなでその感触、音、におい、風景、色、
変化、温度、光、風、生きもの、物語・・・・・などなどを
見つけたり、想像したり、味わったりしていきました。
そうやってみんなで見つけた春のかけらたちを音楽のようにして
それぞれの中から生まれ出る
「光・花びら・芽」
を踊ってもらいました。
当日にはじめてやってもらった課題だったので、
初めは戸惑いもあったみたいですが、
今までとはまた違う新しいものが生まれてきて
とても美しい場面になったと思います!


②祈り~桜の樹の下で~
初めてのワークショップの時、外で踊るのにいい場所を探していました。
そして山桜の樹のある広場を見つけました。
あ、ここで踊りたい!!!
というわけで以来、ここが私たちの踊り場所になりました。
発表会のある3月下旬にはまだ桜もさいていないだろうから、
これから桜の花が咲くように、という踊りを創ろう、と。

そしたらこの気候!

なんと桜が!
咲いた!!!

030_convert_20130324202751.jpg

奇跡みたい。

毎回毎回ここで踊らせてくれてありがとう、と
みんなで桜に一礼。

桜の花の下で踊れた幸せな時間でした。

春のかけらたち

みんなで見つけた春のかけら。

みんなで感じた春のかけら。

みんなで想像した春のかけら。


そんな春のかけらたちが
素敵なダンスになりました。



********************************************************

桜 ふわふわ ちょうちょ お花見 エイプリルフール そよ風 水仙 すみれ
つぼみ 楽しい おだんご カーディガン きれい 美しい 猫 春を呼ぶ精霊
ピンク ポカポカ おひな様 入学式 進学 クラス替え 菜の花 
あたたかい ひらひら 木 花 虫 風 明るい いちご 散歩 たんぽぽ
草 卒業 新しいこと 遠足 嘘 複雑 せつない 繊細 たまご 探す 
楽しい もふもふ かわいい うさぎ きれいな黄色 春風 自己紹介
キラキラ おひさま 美しい空 さくらんぼ 春祭り 南風 芽 発表会
きれいな星 鳥 果物 新しい生活 きれいな花 ゆらゆら 風がびゅーびゅー
空がちょっと暗い 笑う ニコニコ 花畑 たくさんの花 気持ちがいい
ピンク色 桜の花びらがヒラヒラ散る 勉強 ゆらゆら 風がそよそよ 
ふんわり 桜もち やさしい さわやか ドレス 雲 りんご 桜ふぶき 
桜がポンポン咲いている 桜がそよそよ揺れている ピンクの桜きれい
春の光あたたかい ドレスふんわり 雲がやさしい 春美しい 桜ふんわり
むらさきの花 小さなミミズ 蜘蛛 春の夕日 山桜 はじまり 花びら
虹 芽吹き 神様 祈り 目覚め 出逢い 別れ うまれる 挑戦 
あまいにおい ピンクの葉 春の花 新しい学年 花の精霊 新しい友達

ワークショップ第四日目!

ワークショップもいよいよ終わりに近づいてきました。

もう次の土曜日には発表です。

インフルエンザなどでお休みだった子たちも出てきてくれて
最終発表会まで全員参加してくれそうです。

みんな、ありがとう!!


それにしても、このワークショップをやるにあたって

私の頭の中であれこれ勝手にイメージを創りすぎてしまわないように、
その時その時に自然に子どもたちからふっと湧いてくる
予想を超えるキラリとしたものを
すくい取れるように、と思うのですが、
ついつい答えのようなものを用意してしまうなぁ、
そんなもの私の想像の範囲内でしかないのに・・・・・・とか、

踊る時間以外の何かを感じたり見つけたりする時間をもっともっと大切にしたいのに
・・・・・・ついつい時間のことを気にしてしまったりするなぁ・・・・・とか、

やってみて色々と気付かされます。


そんなことも思いながら、
前回、少しつめて創作をメインにやってしまったので
今回はもう少しワークショップに立ち返ることも心掛けながら
すすめていきました。


おもしろいのは
前の話にも繋がりますが、
これをやったらおもしろいかな~と思ってやってもらってみると
捉えきれないでグダグダになってしまうかと思えば、
これはちょっと難しいかな、でも試してもらおう、出来なくてもいいから、
と思うものが案外はまり、おもしろい感じになったり、
そうやって子どもたちは予想を超えて来てくれるので
本当におもしろいです。

・・・・・・・でも考えていた発表会の構成、変えないとな。。。。。。

でも、こういうのがいいんだよな。

いつもいつもドキドキワクワクしながら
すすめていけること、
嬉しい。


みんなにも今回はちょっと抽象的で捉えにくい課題を
バンバン投げて
ものすごく戸惑ったり
なにも出てこなかったり
歩くことしか出来なかったり
諦めかけたり
・・・・・・・・たくさんしてたけど、

それもいい。
戸惑って歩くことしか出来なかった経験、
そんな経験もすごくいい。
何回かやってようやく少しづつ動きが出てきた経験、
それもすごくいい。

早く上手に出来なくたっていい。
色々な経験になったら・・・・・・・
と思います。


・・・・・・・というわけで、
次回とっておき(?)・・・・ではないかもしれないけど
今までやってこなかった課題を最後の最後に投げてみようかと思ってます。

でも、楽しいよ・・・・・と思います!!!

それに、今は恥ずかしかったりして
なかなか出せなかったりすることもあるみたいだけれど、
それぞれの中になにか本当は生まれているものがあるのが
なんとなく垣間見えてきているから・・・・・・。



いよいよ次回でラスト。

ラストはとにかく楽しんでやれたらいいな、と思います。

ワークショップ発表会のお知らせ。

今、やらせて頂いているワークショップの最終日には
ちいさな発表会を行います。

とはいっても、全五回という限られた回数ですので、
かちっとしたカタチにして、というものではなく

全五回の中で
やってきたこと、
発見したこと、
体験してきたこと、

・・・・などなどをいくつかピックアップして
発表出来たら、と思っています。


ご興味がある方、いらっしゃいましたら
是非観にいらしてください。


日にち:3/23(土)
時間:14:00~(開場は13:50より)
会場:町田市青少年施設ひなた村 第3レクルーム



発表時間は30~40分くらいになると思います。

また、終了時間の都合上、14:00には始めたいと思っておりますので
よろしくお願い致します。

ワークショップ第三日目!

全五回のワークショップもあっという間に半分。

早いっ。足りないっ。もっとやりたい。


今回はインフルエンザで半数の子たちがお休み。
・・・・・・・う~ん、どうしよう・・・・・と思いつつ、

予定していたことや予想を覆されるような出来ごとに出会ったときに
さあ、どうする?っていうのも子どもたちに体験してもらっていることの一つ。
ってことは、私自身もやらないとね。。。



というわけで、改めて今日いるメンバーと向き合い、
このメンバーで今日出来ることを探っていきながらのスタート。


まずはみんなでもやれたらいいな、と思っている

「自分が舞台に入ろうと思ったときに入って、出ようと思った時に出る、
けど、周りのことも感じながら、合図はなしで、出たり入ったりしながら、
舞台上は三人という状況を保ちつつ、自分の踊りを踊る」

という文章にするとなんだかとてもややこしい課題にトライしてみてもらいました。

私も説明するのも難しかったので、これでわかってもらえたかな、
まぁ、できなくてもいいからとりあえずやってもらおう、と思ったのですが、
案外、する~っと出来てしまいました。

うん、これは出来そう!
今日いなかった子たちも、今日のいた子たちに実際動いてもらったら
私の説明よりもずっとわかりやすいだろうし。
次回もやってみようと思います。


次はグループワーク。
「春」をテーマに。(というか、これもまた結果的にテーマになりました・・・・)
自由な発想と創作方法で、
でも、グループであることは忘れずに。

二人や三人で創ってもらうことはこれまでも何回かトライしてもらいましたが、
少数グループで創ることのやりやすい面もいっぱいあるし、
難しい面もいっぱいあるみたいです。
今日は難しい面にもぶち当たったようで、
悩み悩み悩み・・・(私も一緒に)・・・悩み・・・ながらも、
二つの小さな作品がカタチになりつつあります。
これは発表会でも発表したいな、と思ってます。


そして、
もちろん!今回も外に出ましたよ!!!

私たちの踊り場所<桜の木の広場>で。

ここで踊る踊りは今日で完成させることが出来ました。



さあ、ワークショップも残り二回です。

・・・・・風邪、インフルエンザに気をつけて
残り二回で出来る体験、色々しようね!

ワークショップ第二日目!

ワークショップも今日で二回目。

メンバー同士もだんだんと打ち解けてきたよう。


メンバー同士、名前と顔を覚えるために
初回に自己紹介の時間をしっかり取って
さらに名前サインの動きも創ったのですが、
やっぱり若い!覚えがはやい!さすがです。
今日のワークショップの始まりに
思い出しをしたらみんな完璧でした。


それから
身体の一部分だけを色々な方向に動かしたり、
身体の動きの流れをとらえながら動いたり、
風を受けながら自分の身体がどう動いていくのかを感じとったり、
・・・・・・・・・・・

初めは難しそうにやっていたけれど、
やっていくうちにどんどん動きが多様になっていって、
風を感じる、なんていう捉えにくい課題に対しても
どんどんトライしてくれて、
いい動きになっていきました。


そうやって身体をほぐしていくうちに
私の出した課題にさらに
こういうのやってみたら面白そう~
みたいな意見も出してくれるようになって
そこから発展していったりもして嬉しかったです。


そんな動きも自然に出てくるようになったので
いよいよ自分たちで動きを考え流れを創り
少しずつ踊りらしいカタチにしていくことを
グループワークで試みていきました。


創作に入っていったら
私はほとんど課題を提示していくだけです。
なるべく自分で考えもらったり、
メンバー同士で考えてもらったり。
そうやって自由に動いてもらいましたが、
色々な動きの課題を重ねていくにしたがって
どんどん動きが豊かになっていく!!!


いい流れになってきたので
今日もまたまた外に出て
最終日の発表会のオープニングでやれたらいいな、と
思っているサークルダンスをみんなで創りました。
来週さらにこの続きを創れたらいいな。



それにしても創作を始めると
二時間は本当にあっという間!
今日の最後には
それぞれのソロパートの創作にも
取り組み始められたら、と思っていましたが、
そこまではいけず。


でも創作に入る流れが今日で出来始めてきたので
次回以降がまた楽しみです。

プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ