青柳ひづるワークショップ・クラス情報

発表会!!!

昨年の5月に踊り仲間のいとう由香さんが主宰されていたクラスを
引き継がせて頂き、ダンスクラス「星のたね」がはじまりました。
それからもうすぐ1年が経つのだな・・・・・・・


2012年から個人的にはじめたワークショッププロジェクト「ひとつぶの種」。
私がずっとずっとやりたかったカタチでのワークショップですが、
でも本当に個人的にはじめたことだったので、
はじめは全然参加者が集まらなかったな~・・・・・・・
それでもやりたくてやりたくて、小さな場ながら、各地でやらせて頂いてきました。

そんな中で出会ったたくさんの子どもたち。
一人一人から、・・・時にはおずおずと、時には溢れだすように・・・
生まれてくる踊りたち。
どれも本当に美しく、こんな場に立ち会えて嬉しいな~と感じます。

そして、やっていくうちに、もう少し、これを継続的なカタチでできないかな・・・・・・
とも感じ始めたのですが、一方では
出来ないだろうな・・・・・こういう踊りはクラスとしては成り立たないだろう
・・・・・・とも思っていて、・・・・・・・

でも、不思議なものですね。
縁があって、そういうクラスを持たせて頂けることになりました。
それがダンスクラス「星のたね」です。


そんな「星のたね」と「ひとつぶの種」の合同発表会を開催する運びとなりました。
「星のたね」の子どもたちと、
今までワークショップに参加してくれた子どもたちの中の有志メンバーが
共に踊ります。
やれたらいいな~とずっと思っていたことだったので、とても嬉しいです。

すでに合同練習も何回かやっていますが、
おもしろい!!!

「星のたね」だけでも「ひとつぶの種」だけでも出来ないような、
それぞれのよさが引き出され合っているような。

私だけが見ているのは本当にもったいない!!!ので、
ぜひ、多くの方に見て頂きたいと思います。


~☆「星のたね」&「ひとつぶの種」合同発表会☆~

 日時: 4月17日(日)  16:00開演(15:30開場)
 場所: 相模湖交流センター・アートギャラリー
      http://www.sagamiko-kouryu.jp/
 料金: 無料



作品は私も構成・振付はしていますが、
子どもたちの考えたこと、感じたこと、振付、も多く取り入れています。
子どもたちの中から出てくる踊りは
○○ダンス、とか△△ダンス、とか言えないけれど、
でもダンスそのもの、踊りそのもの、です。
そんな踊りそのもの、子どもたちそのもの、が
きらりと輝くような、そんな場になりますように。


スポンサーサイト
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ