FC2ブログ

青柳ひづるワークショップ・クラス情報

星のたね、2017年踊り納め!

星のたね、2017年の踊り納めでした!

今年の踊り納め会は、今練習している踊りを、
保護者の方に見てもらおう!ということで、クラスの最後に
ミニ発表会を行いました!!!

来年度の発表会は半年以上先なのですが、
小学生クラスの子どもたちは少しずつ少しずつ、
新しい踊りの練習を始めています。

そんなわけで、小学生クラスの子どもたちは
今、頑張って練習している踊り2曲と、
ソロを1曲、そして、小学生とプレクラスと合同の踊りを1曲、
クリスマス特別ダンスを1曲、踊りました。


1つ目は、振付のある踊りでした。
このクラスは、即興や子どもたち自身の創作も多く取り入れていますが、
でもやはり思うところがあって、振付を渡すこともしています。
今までも振付のある踊りはやってきていましたが、
でもはっきりいって、今回の踊りは今までの踊りより
だいぶ難しいものを渡していると思います。
でも、「今」これに挑戦してほしい、と感じました。
やったことのない身体の使い方に悪戦苦闘しながらも、
難しくてもあきらめずに、難しくても楽しんで、やってほしくて
はじめのうちは時間をかけても丁寧に、そしてそれぞれなにかを
その中で発見してもらいながら練習していきました。
発表前にはみんなで自主稽古をするようになっていて、
小学生メンバーの成長を感じました!


2つ目はプレクラスメンバーと小学生メンバーで一緒に踊りました。
嬉しいことに、発表会以降少しずつメンバーが増えてきて、
新設したプレクラスにも新しい仲間が!!!
でもプレクラスではまだ振付の練習はしていなかったので、
テーマだけ決めて、小学生メンバーと一緒に即興で踊りました。
ここでも小学生メンバーの成長が!
私がこういうことをするんだよ~と言ったことを
すでにやったことがあったメンバーは見本になってやってくれて、
プレクラスのメンバーにもわかるような伝え方をしてくれて、
みんなで踊るところではとても自然にプレクラスの子たちを輪に入れるようなことを
していて。私が指示したわけではないのに自然にやっていて。
これも、きっと高尾の中学生メンバーと一緒に踊る中で、
自然に伝わっていったことなのだろうな~。
そういう子どもたちの中での伝わりあい、すごいよな~と
いつも思います。私がああだこうだいうより、よっぽど自然に伝わる。
ほとんどぶっつけ本番でやったけれど、
見事に合同のダンスが出来上がっていました。
プレクラスのちびっこも、小学生メンバーと本当に楽しそうに踊っていました!


3つ目は、小学生メンバーの1人と私のソロ&デュオでした。
今度の発表会では、小学生メンバーは個別の稽古の時間をつくって、
その中でじっくりと1対1で向き合いつつ、その中で出てくる踊りを見つけ、
発表会のシーンに取り入れていきたいと考えています。
その稽古は年明けからのつもりだったのですが、たまたまお休みが多く、
個人レッスンになった日があったので、
一足早く個別の踊りに取り掛かった子がいました。
色々質問を投げかけたり、踊ってもらったりしながら、
なんとなくシーンが出来ていきました。まだまだぜんぜん完成ではないのですが、
せっかく作りかけていたので、これも発表しよう!となりました。
今回は特別バージョンで、ソロの終わりから私とのデュオになって、
私の踊りに繋がる、という形にしてみました。
1対1の時間はとても貴重な時間だったので、これからまたほかの子たちとも
やっていくのが楽しみです。


4つ目の踊りは小学生メンバーが自分たちで考えたオリジナルダンスです。
ベースはお泊りワークショップの時につくった「しのばらダンス」の中で、
特に自分たちで気に入っているシーンを選んで、それを膨らませたり、練ったり、
という作業をして作りました。
どういうことをやるのか、どういう流れでやるのか、どういう動きをするのか、
はすべて子どもたちがみんなで考えあって、みんなで作ったものです。
私もアドバイスはしましたが、それも、ああしたら、こうしたら、というより、
子どもたちが出してきた動きがよりいきるように、少し投げかけをしたくらいです。
見てくださった保護者のみなさんからも、物語がみえた、素敵だった!
と言って頂けました!!!
よいものが生まれつつあるのですが、もっと練りたいところもやはりあるので、
これをベースにまたみんなでじっくりと練っていきたいです!


そしてラスト!子どもたちにも言ってなかった、サプライズダンスでした!
子どもたちから、見てくださった保護者の方々や兄弟にキャンドル型のライトを
渡してもらって、自分たちも持って、そこにいるみんなでクリスマスソングで
電気を消してのキャンドルライトダンスを踊りました。
2017年の締めのクラスで、ご家族の方も一緒に踊れたのがとても嬉しかったです。
クラスメンバーは最後にキャンドルライトを中央に集めて、
しっかり「締め」までやっていました。
ふふふ、普段からよく「始めと終わりは大切!」と言ってるからね~。



保護者の方も言ってくださったのですが、
本当にいろいろな子どもたちがいて、いろいろな方々が関わってくださっている、
それでいて、「チーム・星のたね」という雰囲気になりつつあるね、と。
それが自然になっているのがとても有難いな~と本当に思います。
子どもたちにも言っているのですが、星のたねは「みんなで作る」クラスです、と。
「私が」作っているわけじゃない。


これからも、共に「星のたね」の場を耕し、共に「星のたね」をまいていきたいな、と
思います。


2018年も「星のたね」をよろしくお願い致します。



***************************************************************


☆ダンスクラス「星のたね」☆

踊ることの楽しさ、踊るための大切なこと、踊るための身体、を伝えつつ、
それぞれの創造性も大切に育めるような場を「共に創る」クラスです。

入会随時。体験・見学もお気軽にお問い合わせください。


 ・レギュラークラス(基礎クラス)  担当:青柳ひづる
  基本毎週金曜日  〈プレクラス(未就学児)〉  16:00~16:40
               〈小学生クラス〉 16:40~17:40

  
 会場   しのばらの里 

 会費   入会金 1000円
 参加費  
  〈未就学児〉
   月4回→4000円  月3回→3000円  月2回→2000円  月1回→1000円
  〈小学生〉
   月4回→5000円  月3回→4000円  月2回→3000円  月1回→1500円
          
  
   ※詳細は下記までお問い合わせください。
    tobuturu☆hotmail.co.jp 
    (全角を半角に、☆を@にかえてください。)


~1月2月クラススケジュール~

 ・1/5(金)はお休みです。
 ・1/12(金)、19(金)は通常クラスです。
 ・1/26(金)、2/2(金)はお休みです。
 ・2/9(金)、16(金)、23(金)は通常クラスです。






スポンサーサイト
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる

ダンサー・舞踊家・振付家

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。


2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりワークショップ「ひとつぶの種」始動。子どもや親子のための創作ダンスワークショップを主催する。

2013年秋より知的障がいのある子どもたちの放課後デイにてダンスプログラムを担当。

2015年5月より藤野にて子どもダンスクラス「星のたね」を開始。

2018年春よりダウン症の子どもたちのダンスクラスを担当。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ