青柳ひづるワークショップ・クラス情報

ワークショップ第二日目!

ワークショップも今日で二回目。

メンバー同士もだんだんと打ち解けてきたよう。


メンバー同士、名前と顔を覚えるために
初回に自己紹介の時間をしっかり取って
さらに名前サインの動きも創ったのですが、
やっぱり若い!覚えがはやい!さすがです。
今日のワークショップの始まりに
思い出しをしたらみんな完璧でした。


それから
身体の一部分だけを色々な方向に動かしたり、
身体の動きの流れをとらえながら動いたり、
風を受けながら自分の身体がどう動いていくのかを感じとったり、
・・・・・・・・・・・

初めは難しそうにやっていたけれど、
やっていくうちにどんどん動きが多様になっていって、
風を感じる、なんていう捉えにくい課題に対しても
どんどんトライしてくれて、
いい動きになっていきました。


そうやって身体をほぐしていくうちに
私の出した課題にさらに
こういうのやってみたら面白そう~
みたいな意見も出してくれるようになって
そこから発展していったりもして嬉しかったです。


そんな動きも自然に出てくるようになったので
いよいよ自分たちで動きを考え流れを創り
少しずつ踊りらしいカタチにしていくことを
グループワークで試みていきました。


創作に入っていったら
私はほとんど課題を提示していくだけです。
なるべく自分で考えもらったり、
メンバー同士で考えてもらったり。
そうやって自由に動いてもらいましたが、
色々な動きの課題を重ねていくにしたがって
どんどん動きが豊かになっていく!!!


いい流れになってきたので
今日もまたまた外に出て
最終日の発表会のオープニングでやれたらいいな、と
思っているサークルダンスをみんなで創りました。
来週さらにこの続きを創れたらいいな。



それにしても創作を始めると
二時間は本当にあっという間!
今日の最後には
それぞれのソロパートの創作にも
取り組み始められたら、と思っていましたが、
そこまではいけず。


でも創作に入る流れが今日で出来始めてきたので
次回以降がまた楽しみです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ