青柳ひづるワークショップ・クラス情報

ワークショップ第三日目!

全五回のワークショップもあっという間に半分。

早いっ。足りないっ。もっとやりたい。


今回はインフルエンザで半数の子たちがお休み。
・・・・・・・う~ん、どうしよう・・・・・と思いつつ、

予定していたことや予想を覆されるような出来ごとに出会ったときに
さあ、どうする?っていうのも子どもたちに体験してもらっていることの一つ。
ってことは、私自身もやらないとね。。。



というわけで、改めて今日いるメンバーと向き合い、
このメンバーで今日出来ることを探っていきながらのスタート。


まずはみんなでもやれたらいいな、と思っている

「自分が舞台に入ろうと思ったときに入って、出ようと思った時に出る、
けど、周りのことも感じながら、合図はなしで、出たり入ったりしながら、
舞台上は三人という状況を保ちつつ、自分の踊りを踊る」

という文章にするとなんだかとてもややこしい課題にトライしてみてもらいました。

私も説明するのも難しかったので、これでわかってもらえたかな、
まぁ、できなくてもいいからとりあえずやってもらおう、と思ったのですが、
案外、する~っと出来てしまいました。

うん、これは出来そう!
今日いなかった子たちも、今日のいた子たちに実際動いてもらったら
私の説明よりもずっとわかりやすいだろうし。
次回もやってみようと思います。


次はグループワーク。
「春」をテーマに。(というか、これもまた結果的にテーマになりました・・・・)
自由な発想と創作方法で、
でも、グループであることは忘れずに。

二人や三人で創ってもらうことはこれまでも何回かトライしてもらいましたが、
少数グループで創ることのやりやすい面もいっぱいあるし、
難しい面もいっぱいあるみたいです。
今日は難しい面にもぶち当たったようで、
悩み悩み悩み・・・(私も一緒に)・・・悩み・・・ながらも、
二つの小さな作品がカタチになりつつあります。
これは発表会でも発表したいな、と思ってます。


そして、
もちろん!今回も外に出ましたよ!!!

私たちの踊り場所<桜の木の広場>で。

ここで踊る踊りは今日で完成させることが出来ました。



さあ、ワークショップも残り二回です。

・・・・・風邪、インフルエンザに気をつけて
残り二回で出来る体験、色々しようね!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ