青柳ひづるワークショップ・クラス情報

春舞 ―後半―

後半の7つの踊りは室内で。

ピアノ生演奏つきです!

(発表会、音はつけたいけど
CDかけて音に合わせて、とか全然ピンとこないなぁ・・・・・
というわけで、即興演奏の出来る友人にお願いしてみたところ、
喜んで引き受けてくれました。ありがとう!!!
そのほかの細々したことを手伝ってくれたり
私の手が回らない部分での子どもたちとのやり取りもしてくれたりと
色々な面で本当に助かりました。)


③私の名前
ワークショップの一番初めに自己紹介の意味もあって
それぞれの好きな食べ物からそれぞれのサインをつくりました。
そのサインを使って動きを創っていきました。

④出逢い
私のワークショップではいわゆる基礎トレーニングやストレッチみたいな
ことは全くやらなかったのですが、
いろいろなものと身体で出会っていくための準備のようなものとして
自分の身体の部分部分を意識していくことをしていました。
本当は準備運動のようなつもりでやっていたものなので、
発表会でやるつもりはなかったのですが、この単純なものが
案外と発展したりして面白く、
みんなも楽しんでやってくれていたので発表会にも取り入れることにしました。

⑤春の目覚め
3人の踊り。テーマから役割、動き、流れまで全部3人で決めてもらいました。
初めは3人の意見がなかなかまとまらなくて弱音を吐いたこともあったね。
もうこの場面やらなくていいって諦めかけたこともあったね。
でも、最後の日には3人で一所懸命話し合って自主練していたの、
ちゃんと知ってるよ。
それぞれのやりたいことから生まれたこの3人だからこそ生まれたダンス。
春になっていく歓びにあふれたダンスになったね。

⑥春ふんわり
2人の踊り。これもテーマからタイトル、動きや流れまでを2人に任せました。
いつも仲よしで踊るように遊んでいる2人。
その2人の様子がそのまま出ている、
そして見ている方も踊りだしたくなるようなダンスになったね。
いつも2人で楽しそうに練習していたのが印象的でした。
踊るって、楽しいね。

⑦芽吹き
4人の踊り。1回お休みのあった4人だったのでテーマややることは私の方で考え、
4人には動きを創ってもらいました。
色々な動きをやってもらった中で<芽>の動きがなかなかよかったので
<芽>をテーマに動いてもらうことにしました。
初めはなかなか出てこなかった動きも
最後にはそれぞれの芽ぶきを感じることが出来ました。
そしてこの場面は次の場面への移行としても
なくてはならない大事な場面にもなりました。

⑧春風
和紙を使った踊り。和紙を持って外に出て、風と共に踊ったり遊んだりして
動きを研究しました。部屋の中でもその風を感じられるように。
そうやって自分の風の踊りをやってもらうのと同時に
舞台上の人数を指定し、自由なタイミングで出たり入ったり、
自分と周りを同時に感じないといけない難しい課題だったと思いますが、
みんな本当に頑張ってくれました。
使った和紙の色付けもみんなと私でやりました。
(その色付けした和紙を美術としても生かし、窓際につるしました。
それもとっても綺麗だったのですが、バタバタしすぎて写真撮るの忘れた・・・)

⑨花舞
みんなで色付けした紙を切り、花びらもつくりました。
その花びらをみんなで一斉に蒔いてから、
あとは完全フリーダンス。
・・・・・・でもこの時私は春風のシーンでみんなが使った和紙を
窓辺に吊るす作業を必死にやっていたので
みんなのフリーダンスが全く見れていません・・・・・・
でも見てくださった方からは
とってもかわいかった!!!という声を頂きました。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ