青柳ひづるワークショップ・クラス情報

ワークショップ第五日目!最終日!

全5回のワークショップが無事に終わりました。


怪我も風邪もなく・・・・・というわけにはいきませんでしたが、
でも最後の発表会まで9人の子どもたちがやり通してくれました。


全5回、毎回2時間という限られた時間の中で
子どもたちはいっぱい笑ったり戸惑ったり考えたり発見したり・・・・・・
大変だったと思いますが、それでもトライし続けてくれました。

本当にありがとう。

私にとっても
色々なことを気付かせてもらったり、パワーをもらったり、
一緒に笑ったり、踊ったり、遊んだり、発見したり、悩んだり、
とてもとても大切な時間になりました。


でも正直、発表までもっていくには
全5回というのは本当に厳しいスケジュールでした。
なんとかパーツが出揃って、流れが出来たのは当日。

やっとみんなの中にある何かが外に出始めてきたところでした。
これからもっと熟成したり、もっと味わったり・・・・・・
ここから始まりそうな予感・・・・・・

それに一人一人ともっともっと話したり
一人一人の中からもっともっと発見したり
したかったな。。。。。。


でも、今回は今回のよさがある。
生まれ初めにしかないその時の煌めき。
それと共にいることが出来た幸せな時間でした。



関わってくださったすべてに
本当にありがとうございました。

今回のワークショップは講師としては私一人でしたが、
でもけして一人では出来ないことでした。
本当にたくさんのこと、人、モノ・・・・・・
が助けてくれました。


そうやって私は踊ったり、踊りに関わることをさせて頂いているのだな、と
改めて実感します。


この1ヶ月間、本当に楽しかった。
また絶対にやりたいです。
やります!!!


子どもだけでなく
予想外でしたが大人の方からの反応もあって
例えば地域の大人と子どもで一緒にダンスを創って踊るような
そんなのも出来たらいのかな、とも思います。


子どもだけでやるからこそ育めることもいろいろあるし、
いろいろな人や世代の方々でやるからこそ
育めることもきっとあるのだろうな。


あぁ、やっぱりいつかはそうやって
いろいろなものが自然に育まれていくような
そんなことがいろいろ、いつでも出来るような
オープンスペースを
気持ちがいい場所に持てたらいいなぁ~・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ