青柳ひづるワークショップ・クラス情報

星の子クラブ

ムービングアースで一緒に踊っている仲間、いとう由香さんが主宰している
相模湖の子どもたちのダンスクラス「星の子クラブ」へ行ってきました。

昨年中から時々行かせて頂いて、秋の発表会のお手伝いもさせてもらいました。

・・・というのも、由香さんが4月に引っ越すことになり、
それに伴い、当初はこのクラスも終了する、なんていう話もあったのですが、
昨年の発表会で子どもたちがぐんと一段階すすんだ感じがあったし、
子どもたちの意欲も増してきていて、このまま終わらせるのはもったいない!!!
・・・というわけで、由香さんと私で一緒にこのクラスを
継続していくことになりました。
ただ、由香さんも遠距離になるので、
詳細はこれからもう少しつめていかないといけないので、
決まり次第お知らせしたいと思います。


それにしても、由香さんが試行錯誤しながら時間をかけてつくってきた場の中で
子どもたちは今日も本当にイキイキと踊っていました。
小学校1・2年生とか年長さんとか、そんな子どもたちが
本当にこちらがびっくりするような踊りを即興で踊っちゃうんです。
発表会を乗り越えて、やっぱり子どもたちの中でもなにか変化があったのだろうな。
それぞれ素直に豊かに、一人一人堂々と踊っていて、
本当に素晴らしい踊りを見せてくれました。
あんな風になんて、普通はなかなか踊れないよ・・・・・・
キラキラしたものが溢れまくっておりました・・・。


私は今まで、自分のやりたいことはむしろワークショップのようなカタチの中で
出来ることかな、と思っていたのでダンスクラスというカタチでなく
ワークショップ、というカタチをとってきたのですが、
でもここ数年ワークショップを続けてきたり、
障がいのある子どもたちのダンスの時間を定期的に続けていく中で、
私自身もここのところで、ワークショップというカタチだけでなく、
継続していくカタチもやっぱりやりたいな、
と感じ始めていたところでもありました。

すべて一期一会でそれはワークショップというカタチだろうが
定期的なものだろうが同じ。一回一回がすべて。一回一回が二度とない一回。
でも継続の力、というのも確かにあって、
今日なんか見ていてもそれはすごく感じたし、
私がやらせて頂いている知的障がいのこどもたちの場でもそうです。
それに、こちらも長い目でみる、ということができるし、
さらに下の世代、下の世代へ、と
自然に伝わっていくものもあるのではないかと思う。

ダンスクラス、というカタチにしてもこういうことが可能なんだなあ・・・・・
というか、可能にしてきたのだなあ、すごいなぁ、と思います。
だからこそ、由香さんと子どもたちが育んできたこの貴重な場は
出来る限り続いていくといいな、と。今日、改めてつくづく。
私が協力できることはしていきたいな、と思っています。


と、同時にもちろんワークショップだからこそ、のよさもあって
それはそれで色々な場所で引き続きやっていきたいな、と思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ