青柳ひづるワークショップ・クラス情報

町田ワークショップ第2日目!

ひなた村は山(丘?)一つが公園になっていて、
その中に青少年施設が建っています。
なので、施設の周りには雑木林や広場などが色々あります。
とっても気持ちがよくて、私も大好きな場所です。
四季の移り変わりもたっぷりと味わえます。

今日はこの施設で縄文イベントも行われていました。


そんな中、我らがダンスチームは今日も元気にワークショップ!
先週お休みだった子どもたちもあっという間に溶けこんでいました。
身体で出会っていくとはやいね。

先週から来ている子どもたちはもう踊る気満々!!!
今日はもうスタートするやいなや、踊る踊る!
今日からの子どもたちもそれにつられて踊る踊る!


用意していた太鼓に興味深々だったので、
まずはリズムを感じて動くことから今日はスタートしていきました。
歩いたり、走ったり、とまったり、ステップしてとまったり、
ジャンプしてとまったり、ステップしてジャンプしてポーズでとまったり。
身体でリズムをつくっていくのがおもしろくなってきたので、
今度は自分の身体からリズムを創りだしていきました。
いつの間にか身体リズムアンサンブルへ!
こんな風にどんどん発展していきます。

次は新聞ダンス。
新聞紙を使ってどんな動きがうまれるか?
どんなダンスがうまれるか?
先週は薄い小さい花紙だったのですが、
新聞紙は大きさも違うし、重さも違う。
だからそこからうまれてくる動きも違ってくるね。
新聞紙ジャーンプ!
新聞紙一枚でこんなにいろいろ動きがうまれるね。


もう2回目にして私が一つ投げかけたことに対して
どんどんアイディアを出してきてくれるようになってきました。

でもね、例えばすぐになにか出てこなくても、
それはそれでいいんだよ。
え?そんなこと言われてもわからないよ・・・できないよ・・・
どうしていいかわからないよ・・・他の人はすぐできるのに・・・
うんうん、そうだよね。私もそういうこといっぱいあるよ~。
でもね、できない・・・って戸惑うこと、それもとっても素敵な時間だから。
そういう時間がなにかを育んでくれていたりするから。
パッとできるのも、ゆっくりできるのも、どっちもいいんだよ!
というか、できるかできないか、よりやってみようとするとき、
なにかが動くのだと思います。


というわけで、ずいぶん踊っても、まだ時間もたっぷりあったので
今日はメインイベント(?)の春探しへ!!!

・・・・・の前に日本の四季、さらに二十四節気と七十二候の話から。
私自身も今、とても興味のある事柄です。
1年生の子もいるので、ちょっと難しいかな、と思いつつも話しましたが、
みんなよく聴いてくれました。

そして、いよいよ屋外に出て春探し。
ちなみに明日からが「草木萌動(そうもくきざしうごく)」。
と、いうわけでまだ草木が動き出すちょっと手前。
それでも、子どもたちは小さな春を次々と発見していきます。

「気になるものは拾ってきていいよ~。」
って言えるのも、ここがひなた村の敷地内だからこそ!有り難い。

子どもたちは夢中になって宝物を拾っていました。

「これな~に~?」
「あ、ほとけのざ、だね!」
「これは~?」
「なずなだよ!」

「これは~?」
「・・・わ・・・・わからない・・・・・あとで聞いてみよう。」
私もわからないちいさな草花たちが色々。

子どもたちとそんな会話をしていると
私ももっともっと野山と共に、季節と共に、
生活したいな・・・と感じます。
子どもたちにそういうことも伝えられるように生きたいな・・・と。

さてそんなこんなで素敵な春がたくさん集まったので、
みんなで作品制作!
DSC_0888_convert_20150228221816.jpg

こんな感じに出来あがりました~!!!
DSC_0892_convert_20150228222147.jpg
素晴らしい!

ダンスからは一見脱線しているようですが、
でもこういうところからもダンスになるんだよ~!

心が動くこと、身体が動くこと
心が踊ること、身体が踊ること
ダンスのはじまり。

ちいさな草花にわくわくすること
たった一枚の葉っぱにこころが弾むこと
一陣の風に身体が踊りだすこと
そんなことがたくさんできたら
きっと世界はイキイキする。

そんなことを子どもたちは見せてくれる。


次はこの見つけた春からどんな動きがうまれるか。
どんなダンスがうまれるか、をやっていきたいと思います!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ