青柳ひづるワークショップ・クラス情報

町田ワークショップ発表会!

発表はまず外でのダンスから。

みんなで春探しをした広場です。
ここでたくさんのものに出会ったから、ここで踊りたかったのです。

一昨年、やはりひなた村でダンスワークショップをやった際に
参加してくれた子どもたちと和紙に色付けし、それを使って踊りました。
その和紙を今回は外でのダンス(と会場の飾り)に使いました。
001_convert_20150315220117.jpg
(↑これです。)

和紙に風を受け、日の光を受け・・・・・・
というダンスのはずが、本番は曇りで風もあまり吹いてなくて・・・
じゃあ、自分たちが風になっちゃおう!!!というようなダンスになりました。


そして、屋内へ移動し、子どもたちが流れを作ったダンス!

まずは「芽」
ここは限られた小さなスペースで小さくなった体勢のままで、
どれだけ豊かに動けるか、外に出ようとする(でもまだ出ない)エネルギーを
いろいろなカタチで動いてもらいました。
そしてそこからやっとやっとポコポコと飛び出してくるなにか、を。

そこから、「紫のちいさな花」と「白いちいさな花」を。
ここはモチーフを一つそれぞれに渡して、あとは自由に踊ってもらったのですが、
それぞれでコミュニケーションをとりながら、踊りを生み出していっていて、
本当にちいさな花のようなかわいいダンスを見せてくれました。
このシーンの後半にそれぞれちいさな鈴を持って踊ってもらい、

つづいて、「大地」のリズムダンスへ。
ここで探してきた「音の出るもの」たちの登場です!
竹とか石とか棒きれとか板きれとか薪とか、なんだかよくわからないものとか・・・
で即興セッション!・・・から、からだでリズムを奏で、ダンスにしていきました。

ワークショップの初回から、私が用意していた太鼓にみんな興味深々で、
そして「春探し」のときに、木とか竹とか石も拾ってきていたので、
じゃあ、これでリズムをつくってみよう、ということをワークショップの中で
やっていて、それがとても楽しそうだったので、発表にも取り入れました。

「大地」で元気に踊ったあとは少し雰囲気を変えて。
「花びらか、羽か、綿毛か、はたまた雲のかけらか・・・・・」というようなダンス。
ワークショップの時に薄い軽い紙を使って思いがけない身体の動きに出会う、
ということを何度かやったのですが、
何度かやっているうちに想像の紙でもやれるように。
実際の紙がなくなったので、戯れているものが、薄紙ではなく、
花びらにも羽にも綿毛にも雲のかけらにも感じることができました。
はじめはゆっくりと丁寧に味わうように、
しだいに戯れているなにか、と一緒に踊るように展開させていきました。

最後は「春祭り」
紙の花びらを撒きながらの自由ダンスです!!
今回参加してくれた子どもたちは身体の中にダンスが溢れていて、
自由ダンスもどんどんやってくれていたので、最後は完全にフリーにしたのですが、
保護者の方を前にやはり少し恥ずかしそうで、午前中のあの感じがなかなか出てこない。
(まあ、発表で出てこなくてもいいのだけど)
なので、途中私もちょっと入って一緒にいろいろ踊っているうちにほぐれてきたので
そのタイミングで改めてそれぞれに自由に踊ってもらいました。
花びらと戯れながら、最高の笑顔で踊ってくれました。


みんな、素敵なダンスと素敵な時間をありがとう!!!
毎回毎回、楽しい!って参加してくれてすごく嬉しかったです。
見守ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
片付けまで皆様、手伝ってくださいました・・・
子どもたちも、自主的に「掃除道具持ってくる!」と言って
終わった後の掃除もしてくれました。


また一緒に踊ろうね!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ