青柳ひづるワークショップ・クラス情報

町田親子ワークショップ!

今日はひなた村で未就学児と保護者の方対象の親子ワークショップでした。

子どもは小さい子も赤ちゃんも大好きなんですが、
でもなんとなく今まではダンスワークショップ、として考えた時には
単発、も未就学児、も親子で、というのもあまりピンときていなくて、
アシスタントで入ったことは何度かありましたが、
自分がリードではやってきていませんでした。

でも、やっとここのところで、未就学の子どもたちや、
親子ワークショップもやってみたいな、今ならやれる!
という気がして、ちょうどひなた村でも、今年度中にあと1回は
ワークショップが可能な状況だったので、是非!ということで開催しました。

・・・・・・結果、
すごく楽しかったし、楽しんで頂けたし、ひなた村の職員の方にも喜んで頂けたし、
それから、これをやる意義というのか・・・そういうものも感じることが出来ました。
・・・これはこの先ももっとやっていきたいな~・・・・・・

ちなみに今回、この前やった「小学生のためのワークショップ」に
参加してくれたHちゃんの妹とお母さんも参加してくれました!嬉しい。
そして、せっかく来たんだから一緒にやろうよ!とHちゃんも誘って
一緒に踊りました。ありがとう~!

ワークショップのはじまりは私の踊りから。
みんなとても真剣に見てくれました。
そして、ウォーミングアップへ。ウォーミングアップ、といっても
私はあまり「いわゆるストレッチ」みたいなことは
小学生対象でももっと小さい子でも、大人でも、あまりやりません。
楽しく、遊び感覚で、やりながら、気付いたらあれ、いっぱい動いてた!とか、
日常生活ではあまり意識して使わない部分ややらない動きをやってた!とか、
そんなふうにして、ウォーミングアップになっていた!というものを
できるだけやるようにしています。(場合にもよるけれど)

親チーム子どもチームでわかれて身体トンネルくぐりをしたり、
子どもたちが目をつぶったお母さんを誘導したり、
子どもたちがお母さんの身体を動かしてポーズをつくったり、
太鼓の「リズム」に合わせて動いてみたり、とまってみたり。

そうやって身体を楽しく動かしてもらった後は
身体も心もほぐれてきたので、少しずつ
「想像・創造して動く」ことに入っていきました。

はじめはなにかのポーズでとまる、というところから
次はさらに動きをつけていきました。
その動き、もはじめはわかりやすい虫や動物などの生き物の動きから、
「怒っている○○」「楽しそうな××」「体中がかゆい△△」、という発展形、
「風」「炎」「雲」など、ん?どうすればいいのかな?って考えちゃうもの、
「ふわふわ」「ざわざわ」「プチプチ」などの抽象的なもの、
などにチャレンジしていきました。
他の子たちがさあ~っとすばやく行っちゃっても動じずに
1人になってもじっくりゆっくり最後まで「蛇」になって移動する子がいたり、
休憩時間に「ガリガリ」なら自信があったのに~、って言いに来てくれたので
「じゃあ、やってみて~」と言ったら、表情もいっぱいつけて「ガリガリ」を
踊ってくれたり。色々な子がいて、みんなそれぞれで本当におもしろい。かわいい。


それから二つのグループにわかれ、「不思議の森の不思議な生き物たちのある一日」
をテーマにダンスを作ってもらいました。
どんな生き物?どんな特徴がある?
どんなことをする?なにが起きる?それをダンスにするには?
始まり方と終わり方は?
アドバイスは時々出しつつも、
基本的には子どもたちとお母さんたちで相談してまとめてもらい、
(子どもたちはアイディアどんどん出してくれるしね。)
お互いに見合う!というところまでやりました。
みんなでダンスを考えているときも、
発表で踊っているときもとても楽しそうでしたが、お互いに見合う時も
みんなとってもしっかりと見ていて、
「あ、なんか食べた!」「なんか生まれた!」「なにしてるのかな~?」
「妖精みたい!」「妖精か神様かな?」「よろこんでるのかな?」
とか言いあっていました。
二組ともそれぞれ発想豊かで、とってもおもしろい素敵なダンスでした!

最後は今日のまとめのダンス、として楽しい曲で一曲、
振り付けと自由ダンスを取り入れてみんなで踊り、
呼吸を整えてクールダウンして、感想会とまとめで終了!

未就学の子にしては長いかな、という1時間半という時間でしたが、
あっという間で、みんな集中力も最後まで途切れず、
むしろ、まだまだ踊れそうなくらいでした。


子どもたちが楽しんで踊ってくれたのはもちろんのこと、
保護者の方も楽しんで踊ってくださったし、
子どもたち同士、親御さん同士も交り合い、
わが子、だけではなく、他の子どもたちと他のお母さんとも
交り合って、もう誰が誰のお母さんだか、
誰が誰と兄弟なのか、わからないくらい
ワイワイと打ち解けあって踊ったり考えたり・・・という感じになっていて、
ああ、なんかこういう空気、こういう場、すごくいいな~と思いました。

なんか最近の人はどうの、とかこの頃はコミュニケーションがどうの、とか
言うのを聞くけれど、いやいや、本当はそんなことないんだと思う。
こうやって出会える場があれば。

すっかり仲良くなった子どもたち同士はなんだか別れも名残惜しそうで・・・
終わってからもしばらく一緒に遊んでいた子たちもいたようでした。
別れる時はハグ・・・かわいい・・・

参加してくれた子どもたち、保護者の皆様、
本当にありがとうございました。
素敵な場になったのは、参加してくださった皆様のおかげです。
私にとってもとても楽しく、貴重な時間となりました。

また、やりたいな。
また一緒に踊りましょう!!!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ