青柳ひづるワークショップ・クラス情報

山の日!<踊り場ひろば>のこと②

<踊り場ひろば>はバリアフリーの場です。
(・・・開催地によってはバリアフリーで出来ない可能性もありますが・・・)

自らやってみたい、人と共に踊りたい、楽しく身体を動かしたい、
そんな方なら障害の有無にかかわらず
ご参加いただけます。

ただ、障害のあるひとの「ための」場、というわけではなく、
やりたい方は(障害があっても)どうぞ、という場です。

とはいっても障害のある人の「ための」場を否定しているわけでは全然ありません。
そういう場に私自身も関わっています。

また、私自身インテグレイテッドやインクルーシブな場が全てにおいてよいとも
思っていないところがあります。
そういう場も必要で、そうではない場も必要・・・色々な場があった方がいい、
と思っています。
それは今まで様々な障害のある方と出会ってきましたが、
その人自身が自分はインクルーシブ教育でよかった、と言う人もいれば
また、特別支援学校や聾学校に変わってからの方が
自分らしくいられた、という人もいたからです。

また、障害児も受け入れている学童保育で働いたり、
知的と発達障害の子どもたちだけのキャンプの手伝いに行ったり、
しましたが、どちらもいいな、と思う経験をさせていただきました。

教育現場だけに限らず、どちらか、だけでなく
様々な場があるという方が健全な気がします。


で、この<踊り場ひろば>はどういう場なのかというと
障害の有無とかそういうことじゃなくて、
やってみたい、踊ってみたい人が踊れる場、
というところから、はじめようと思ったので、
「障害の有無問わず」という表記はしていますが、
そのあたりのところは「この場においては」
あまり重要なことではないのです。
ただ、無理に踊ってもらう、ということはやりたくないので、
「やりたい、やってみたい人」こっちの方が重要なのかもしれません。

障害のある人の「ための」場は、もし必要を感じたら
その時はまた別でつくりたいと思います。


やるならこういう場がいいな、と思ったのは
最近、あるインクルーシブダンスをしている団体に
体験に行かせて頂いたことがとても大きかったです。
その場はとても・・・・・・なんというか「普通」の場でした。
「普通」というのは・・・・・
その場には身体障害の方も、自閉の方も、小さな子どもも、
大人も、お母さんもお父さんも、おばあさんも、(おじいさんは見かけなかったな・・・)
参加していたのですが、そのみんなが本当に楽しそうに踊っていて・・・
やらされている感が全然なくて・・・・・踊りたくて、踊っている。

それは実は「普通に」ありそうでいて、実はなかなかない場でした。
そしてゲストの私たちのこともとても普通に迎え入れてくださり・・・
私たちは一応そういう場の「ファシリテーションを学ぶ」
という名目で行ったのですが、
私はそんなことも忘れるくらいそこにいる様々な方と共に踊る場を
「普通に」楽しんでいました。
本当にただただ一緒に踊ることが楽しかった・・・・・・・・。

理念や理想上でいくらでもいうことは簡単です。
でも、現場をある程度知っているので、
それが実はけっこう難しい・・・・・・・ということもずっと感じてきました。

だから、こういう場が存在するんだ・・・実現できるんだ・・・
というのを目の当たりにしたことは
私にとってはとても衝撃的で、かつ、とても励みになりました。


それが前記事の出来事ともつながり・・・・・・・
そんな場を作ってみよう、となったわけです。

それが第1部の<踊り場ひろば>です。
第1部はある程度流れをもって、
あるいは少しこちらから投げかけることもあるかもしれないので、
一応3歳くらいから、申し込み制とさせて頂いておりますが、
難しいことをやるわけではないので、
楽しく参加して頂ければ、と思います。


お申し込みなどは下記の詳細をご覧ください。

第2部についてはまた・・・・・


***********************************************************

<踊り場ひろば>は、楽しく身体を動かしたい、踊ってみたい、方なら
大人も子供も、障害の有無も、経験も、関係なく、だれでも参加できる踊り場です。
一人でも!家族でも!グループでも!
みんなで楽しく身体を動かしているうちに、自然にダンスになっていく
・・・・・ように、ファシリテートしますので、
普段あまり身体を動かしていない方も大丈夫です。
<踊り場ひろば>は今後不定期で継続的に開催予定です。

~第1部<踊り場ひろば>~
日時: 8月11日(木・祝)13:00~14:30
会場: 相模湖交流センター・ギャラリー
対象: 3歳~どなたでも
定員: 30名(申し込み順)
会費: 3歳以上は大人も子供も1人500円!
ファシリテーター: 青柳ひづる



そして!初回特別企画!!!
<踊り場ひろば>の後はほぐれた身体と心で自由にダンスと音楽を楽しみます!

~第2部≪みんなで創る、参加型!ダンスと音のLive♪≫~

踊ってもよし。音を出してもよし。声を出してもよし。
聴いていてもよし。見ていてもよし。
参加の仕方は自由です。
触ってもよい小物楽器などを用意しますので、お使いください。
音の出るものをご持参いただいても構いません。
(ただし、あまり大きな音のものはご遠慮ください。
また、破損等の責任は負いかねますので、ご了承ください。)


☆<踊り場ひろば>の後、15:00~17:00頃まで。
☆申し込み不要、入退場自由。
☆0歳~どなたでも。
☆参加費:ドネーション制(楽しかった分だけ入れてください。)


※第1部のみ、第2部のみの参加も大歓迎です!!!


第1部は申し込み制です。
〈お申し込み、お問い合わせ〉 
tobuturu♪hotomail.co.jp (♪を@に変えてください。)
 ・参加人数、参加者氏名、お子様の年齢、電話番号、メールアドレスを明記のうえ、
  お申し込みください。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ