青柳ひづるワークショップ・クラス情報

第1回!踊り場ひろば終わりました!!!

8月11日。山の日。

第1回目の<踊り場ひろば>開催しました。

第1部は私のファシリテートで
踊り・・・身体を動かしながら、共に表現したり遊んだり
・・・のワークショップを。
そして、第2部は自由な参加型の音と踊りのライブでした。

大人も子どもも一緒になって踊ったり、奏でたり、
本当に自然に色々なことが生まれていき・・・・・・・・
「芸能の生まれる瞬間をみたような、素晴らしい場だった。」
と言ってくれた人も・・・・・・・・嬉しい・・・・・

多分、それは私にとってもとても大事なことのような気がします。
音楽や踊りの生まれていくとてもとても原初的な部分。
そういうことと、踊りを追求していくこと、・・・・・・が私の中にはどちらもあって
それらが共存しながら踊って生きていくために・・・・・・
私にとっても必要な場だったのかもしれないな・・・。


けれど、この場は私だけでは絶対に作れなかった場です。
私は場の設定はしたけれど、
実際にその場を作ってくれたのは参加してくださった全ての人・・・・・
大人も子どももみんな本当に素敵でした。
みんなそれぞれ思い思いに自由に楽しみながらも、
共に場を創造していくようなことも次々起こり・・・・・・・
本当に素敵な瞬間がたくさんあって、
本当に楽しくて、私も何度か爆笑しながら踊った場面も(笑)。

参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
本当に全員参加型でした。それもとても自然に。

そして、演奏に入ってくれた仲間たち・・・・・・・

音種♪仲間の
パーカッション(音種♪代表)成松さん。
サックスのすずしょうさん。
尺八奏者の渡辺淳さん。

私の中学高校時代の同級生でお囃子奏者の高橋香衣さん。

場と共に音を紡いでくれる仲間たちの存在はとても有難かった。
相変わらずの私の無茶ぶり・・・・・・いや、ふりもしてないな・・・・
投げっぱなし!にも関わらず、場を創ってくださり・・・・・・
本当にありがとうございました!!!


さてさて、そんなわけで、
<踊り場ひろば>の初回特別版・・・ということで
参加型ライブを企画したのですが、
今回やってみて、これ、今後もセットでやりたいぞ・・・・・・
と、とてもとても感じました。
どのくらいのペースでやれるかわかりませんが、
続けていきたいと思います。


それぞれが共にイキイキと生きられる場を・・・・・・・・・



第1部ワークショップ。
012_convert_20160812213605.jpg


第2部オープニングミニパフォーマンス。
017_convert_20160812213648.jpg


結界を外したら・・・参加型ライブはじまるよ~!
035_convert_20160812213900.jpg


049_convert_20160812214047.jpg


バナナシェーカー1本で盛り上がれる部族。
061_convert_20160812214131.jpg


小休憩したら・・・まだまだ踊る!
image2_(1)_convert_20160812214642.jpg


最後はやはり日本人DNAがふつふつと。うちわ祭り!
112_convert_20160812214333.jpg



ワークショップ約1時間半。
参加型ライブ1時間半+α。

みなさま、おつかれさまでした~♪


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ