青柳ひづるワークショップ・クラス情報

ワークショップ第2日目!

P8170124_convert_20120817222130.jpg

会場の森のテラスはこんなところ。

だから・・・・

いろいろな音がする!

そして
sosoさんがピアノ生演奏をしてくださっているし!

そんなわけで、
2日目のはじまりは
音を感じて動くことから。


sosoさんの奏でる
小さな小さな
1音1音を大切に大切に
よく耳を澄ませて。


そして次は
右側でピアノの音を、
左側でセミたちの鳴き声を
受け止めて。


さらに今度は
音を耳で聴かずに
身体の中で聴いて。



動いてみる。



難しいね・・・・・
完全になんて絶対出来ないし、
だんだんよくわからなくなっていく。


でもね、
それでいい。
そんな経験も1つの大切な経験。
出来ない・・・・・
ところから出会えることも、きっとある。




それから、庭に出る。
一本の木を見つける。
それぞれの木にきっとある、それぞれの木の物語に
耳を澄ませる。



そんなことをいろいろ試みながら、
最後には
昨日、今日で生まれたダンスを
一つの即興作品に仕上げました。
30分超くらいになったかな。
なかなかの大作でした。


せっかくなので、
一連の流れをご紹介~♪


①行きたい場所へ、行きたい時に。(全員)
②小さな音に耳を澄ませる。(全員)
③とんぐりのささやき。(デュオ)
④風と光と。(デュオ)
⑤それぞれの木の物語。(ソロ)
⑥とんぐりが木から落ち、旅をして、根づき、木になるまでの物語。(全員)


無題
            (風と光と。デュオ練習風景)




参加してくださったみなさま、
本当に素敵なダンスをありがとうございました!!!



2日間、即興生演奏をずっとしてくださったsosoさん、
本当にありがとうございました!!!



とってもいい時間になりました。



最後は一緒にいっぱい踊った
小さな小さなとんぐりたちを
みんなで土に還して

終了~!




そして、
私にとってはやっとスタート。


いろいろなカタチで
いろいろな場所で
続けていきたいと思います。


こんなことが出来る場所や機会の情報、
もしくは、ここでやりませんか、
という依頼などがありましたら、ぜひご連絡ください!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ