青柳ひづるワークショップ・クラス情報

チーム小学生ミーティング

発表会後、いろいろ思うところもあって、
先日、クラス時間を利用して小学生チームと話し合い?をしました。

発表会で感じたこと、クラスのこと、
これからのこと、このクラスでやってみたいこと・・・

踊りのことから話は始めましたが、
もう、踊り関係なくてもいいから、夢のような話でもいいから、
とにかく何でも出してみよう、と
その結果・・・出るわ出るわ・・・いろいろな話。やってみたいこと。

私ね、学校だと全然意見言えないの・・・と告白してくれた子も、
次々、自分の思っていることや、やりたいことを伝えてくれました。

いいよ、いいよ、大丈夫よ、私も全然学校では意見言えない人だったもん。
しょっちゅう、「ひづる、意見いいなよ。」って同級生にも怒られてた。
でも、今こうしてクラスなんて主宰してね・・・
まぁ、相変わらず人前で話すのは得意ではないけれど・・・。


でも、意見どうこうよりも、そうやって自分のことをぽつり、と話してくれた、
そのことがまずとても嬉しく思いました。
そういえば、表情もずいぶんと変わってきたなぁ。


クラスの半分の時間を使って~・・・と思っていましたが、
気付くと時間いっぱい子どもたちと話していました。
これからやってみたい踊りも、みんないろいろ出してくれました。
みんなやりたくてやってくれているのだなあ・・・・・うれしいなぁ。

まぁ、でも、一番盛り上がったのは
「みんなでプレジャーフォレストに行きたい!」だったけど(笑)。


そして、
「みんなでキャンプ!」 「じゃあ、キャンプして踊ろう!」
「高尾山に行く!」 「じゃあ、高尾山行って踊ろう!」
「世界一周!」 「じゃあ、世界回りながら踊ろう!」
・・・・・・・・・・とそのたびに、
「もう、踊りは忘れて~!!!」と
子どもたちから突っ込まれるひづる先生なのでした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひづる

Author:ひづる
青柳ひづる。

ダンサー・舞踊家。

幼少より踊り続ける。

8歳よりクラシックバレエを始める。

2004年~2006年ゆりバレエアカデミーにて小学1年生から大人までのクラスを担当。

その後、コンテンポラリーダンス、創作舞踊、即興、神楽舞、身体技法などを学ぶ。

2007年よりフリーでの活動を始める。

2008年より音楽ボランティアネットワーク「音種♪」に踊りで参加。

2009年より「ケイタケイ's ムービングアースオリエントスフィア」、障がいのあるないに関わらず表現活動をするグループ「月の石」の活動に参加。

2009年5月~8月 あざみ野ダンスクリエーション for youthにて伊藤キムのアシスタントを担当。

2012年8月よりアートワークショップ「ひとつぶの種」始動。

2013年春より町田市青少年施設にて子どもの為の創作ダンスワークショップを不定期で開催。

2013年秋より障がいをもつ子どもたちの支援施設にてダンスプログラムを担当。

2015年5月より相模湖にてダンスクラス「星のたね」を開始。


他、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションや、音楽家との即興ライブ、ワークショップアシスタントなど色々。障がいの有無に関わらず表現するグループや、子どもたちと踊る活動、などにも多数関わる。

出会いや、流れや、なにか、に導かれ旅をしながら様々なところで踊っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ